人気!ガーデニング霊園の特徴と魅力、選び方

ガーデニング霊園とは

近年、終活の一環としていろんなお墓選びや埋葬場所を生きているうちに選んでおこうという人が増えています。なかでもガーデニング霊園はもともとのお墓の陰湿なイメージをくつがえす、明るくて公園のようなイメージで人気があります。
ガーデニング霊園とはその名のとおり、霊園に庭園のような美しい季節の花や樹木が植えられている霊園のことです。ヨーロッパの庭園のように休息用のベンチがあったりするので、必ずしもお墓参りに来たひとたちだけが入園できる場所ではなく、お墓参りに限定されない場所であるのが特徴です。
またガーデニング霊園は特定の宗派や教団が管理せず、民間のものがほとんどなので、宗派・宗教に関係なく自分が入りたいところを選ぶことができます。名称も「ふれあいパーク」や「○○ガーデン」などお堅いものではなく、帰省やお盆のときに気安く観光気分で立ち寄れるのも、魅力のようです。

ガーデニング霊園の選び方は

このように新しい、自由なお墓として人気のガーデニング霊園ですが、選ぶ時はどのような点に注意すればいいのでしょうか。

やはりガーデニング霊園ですから、ガーデニングの専門スタッフがきちんと世話をしているか、季節の花々が植えられているか、花や樹木が病気になっていないかなどは重要です。ガーデニング霊園とうたっていても、手入れの行き届いていない霊園は実際にあるようです。やはり一度は見学会などに参加して、いろんなガーデニング霊園を比較してみましょう。その地域の庭園、公園としてちゃんと機能しているかも大切ですね。比較的高めといわれているガーデニング霊園ですが、墓地の管理に加えて専門的なスタッフによる植物の管理などを考えると自然かもしれません。

いせやのお墓