あの店もこの店も?フランチャイズによる店舗経営

有名チェーンの多くはフランチャイズ

商店街や幹線道路沿いなどで見かける店舗には、昔ながらの個人商店の他にいわゆるチェーン店と呼ばれる、どこの街でも同じ店名で同じ商品やサービスを扱っている店があります。

後者の場合、その店舗を運営している企業が直接出店している場合もありますが、看板や営業内容は同じだが実はそれぞれ別のオーナーが経営しているというケースも少なくありません。このような事業形態を、一般にフランチャイズ方式といいます。コンビニエンスストアやファストフード店、クリーニング店などの多くはこの方式によって運営されています。

独立経営ながら手厚い支援

フランチャイズ店のオーナーは運営元企業の社員ではなく、あくまでも独立事業主です。当然、お店が成功するかどうかはオーナー自身の経営手腕にかかっています。

ただ、フランチャイズ店が一般の独立店舗と異なるのは、事業運営に関して運営本部からさまざまな支援が受けられるという点にあります。商号の利用許可はもちろんのこと、物販店であれば商品の仕入れ、飲食店であれば調理のレシピなど、大半の業務はマニュアル化されており、オーナーはそれに沿うだけで良いという形になっています。

過去の成功事例を参考にできる

フランチャイズ方式による店舗経営は、オーナーにとっては低リスクで新規開業ができるという利点を有しています。提供されるマニュアルはすでに実績のある既存店でも利用されているため、それに従うことはまったくの自己流経営よりも総じて成功の確率が高いと言えます。

また、統一した商号のもとで店を開くことは、知名度の高い店舗グループの一員になることを意味します。つまりすでに確立されたブランドイメージを利用できるわけで、開業当初から集客効果が期待できることになります。

フランチャイズへの加盟を検討する際には、フランチャイズ募集情報を活用する事ができます。それに加えて説明会に参加する方法も可能です。