先祖供養のスタイルは時代で変わる?墓じまいの詳細を正しく理解しよう!

墓じまいの詳細と実行する目的について

墓じまいは所有しているお墓を整理し、墓石や付随する物品を処分する行為を指します。主に家族の高齢化や価値観の多様化などの要因でお墓の維持が困難になった際、先祖のお骨を適切に管理するための手段として用いられます。墓じまいを行った後のお骨は寺院の納骨堂を利用する他、親族が保管することがあります。また、区画整理など外的な理由で墓じまいを行うケースがありますが、新しいお墓や納骨堂をスムーズに利用出来るように、事前の準備を済ませておくことが大切です。お骨の移動は法律上の制限があるため、予め所定の手続きを行うのがトラブルを避けるための心得です。役所の窓口などで詳細を確認し、正しい手順で手続きを行うのが迅速に墓じまいを進めるコツになります。

墓じまいで生じるトラブルの特徴と対処方法

墓じまいは墓石の処分や掘削作業などを行うので、専門業者に作業を依頼するのが普通です。同じ作業でも業者によって費用や手順が異なるので、複数の業者を比較したうえで信頼出来る所を選ぶように心がけます。特に墓石の処分については地域の廃棄物処分のルールに沿って行う必要があるため、作業の詳細をわかりやすく説明する優良な業者を選ぶのが安心して任せるための条件です。また、墓じまいはお墓を管理する寺院にとっては檀家の減少に繋がることから、様々な理由をつけて阻止しようとすることがあります。しかし、先祖のお骨を管理する方法を選ぶ権利は親族にあるため、寺院の行為が墓じまいの妨害に当たる場合は弁護士など、法律の専門家に相談して対処してもらうのが賢明な方法です。

墓じまいの費用は、現在のお墓を撤去する経費、檀家を離れるためのお寺への費用や、遺骨を移動する改葬許可証など行政的な届け出を行政書士に依頼した場合の経費などを合算すると高額になる場合があります。