他人事ではない?処女膜強靭症ってどんな病気?

処女膜強靭症とは何か

処女膜強靭症とは、処女膜が生まれつき分厚くて堅い状態を指しています。

この状態は普段の生活の中では特に問題はないので気づいていない人が多いのですが、パートナーとの性行為をしていく中で違和感を覚えたり不安を感じて婦人科に受診して病名が判明する人がほとんどです。そのため性行為が直接の原因ではありませんが、性行為をきっかけとしている病気の一つとして知られています。

処女膜強靭症の特徴について

処女膜強靭症の最大の特徴は、性行為の際に強い痛みを感じてしまうところにあります。

通常の処女膜は柔らかく伸縮性があるので初めての性行為の際には痛みを伴うものの、それ以降は徐々に痛みを感じなくなっていくものだと言われています。ところが処女膜強靭症の女性の処女膜は初めての性行為はもちろん、それ以降の性行為でも痛みを伴い続けるため性行為そのものが困難かつ苦痛になってしまうのです。

これは性行為を受ける女性側が主に受ける特徴で、男性側はそこまで症状を感じないと言われています。

処女膜強靭症の治療方法は?

処女膜強靭症は婦人科または美容整形外科などで治療が可能で、その方法としては処女膜切開術が挙げられています。

処女膜切開術とは、処女膜を切開もしくは切除することによって膣口を広げる手術を言います。こうすることによって性行為の際に処女膜が受ける摩擦を軽減することができるので、性行為に対する痛みも軽減することが可能です。手術そのものも15分程度で終わるのでほとんど日帰りで受けられますし、負担も少ないのがメリットです。

処女膜強靭症とは文字通り処女膜が生まれつき分厚く強靱な状態のことを指します。本来の処女膜よりも柔軟性があまりないため、性交を何回か経験してもあまりなじまず、痛みを伴い続けるのが特徴です。